捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 運動中に足首を捻った

  • 階段を下りる際に足を捻った

  • 子どもを抱く時に手が痛む

  • 歩行中、つまずいてひねった

日常で起こる捻挫・腱炎・腱鞘炎

捻挫や腱鞘炎は若者から高齢者まで、多くの方に現れる可能性がある症状です。

 

足をひねった際の痛みや、普段よく使う部位が痛みやしびれたりすることは

スポーツをされる方や、普段の生活の中でもよくあることだと思います。

 

このページでは、「捻挫・腱炎・腱鞘炎」について詳しい症状や原因、

対処法についてご紹介していきます。

捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

捻挫と腱炎・腱鞘炎の原因

捻挫や腱炎・腱鞘炎は、老若男女問わず多くの方が悩まれている症状です。

スポーツがきっかけとなる事もあれば、日常生活の動作が原因となっていることもあります。

 

【捻挫とは】

 

関節に外から力が加わった際に発症するもので、骨折や脱臼以外のもののことを言います。
レントゲンでは異常のみられないケガと言われています。

 

【腱炎・腱鞘炎とは】

 

指にある「腱鞘」という部分が何かしらの原因で厚みや硬さを持つことで、腱が腱鞘を移動するときに炎症が起こり、結果として痛みなどが出る症状のことを言います。

腱炎・腱鞘炎が進行すると「ばね指」という症状がみられることもあります。

 

 

【捻挫と腱炎・腱鞘炎の違い】

 

捻挫の多くは、「ひねる」などの外から加わった力によって発症するものであるのに対して、腱炎・腱鞘炎は手や指の筋肉、腱の使い過ぎからくることが多いとされています。

捻挫は痛みや腫れの他に、ぐらつく感じを覚える場合もあります。

手首の捻挫と間違われやすいものに「ドケルバン病」があります。
これは腱炎・腱鞘炎の1つともいわれており、親指や手首の腱と腱鞘が炎症を起こした状態をさします。

 

【捻挫について】

 

関節を不自然な形で急にひねることで、関節周辺組織(靭帯・腱・軟骨)などに損傷が生じます。

具体例には次のようなことがあります。

・高齢者が段差でつまずいた
・ヒールを履いて歩いていたら、足首をひねった
・ランナーが走行中につまずき、手をついた時に手首をひねった

 

症状としては、関節周辺の血管が内出血を起こしたり、捻った部分が腫れてきたりすることが多いです。

 

【腱炎・腱鞘炎について】

 

主な原因は指や手首の使い過ぎとされています。
特に次のようなケースが多く考えられます。

 

・スマホの使い過ぎで、親指や手首に長期的に負担をかけたとき
・産後のママが、赤ちゃんを抱っこしすぎて手首に負担がかかったとき

妊娠出産の際には多くの女性ホルモンが分泌されますが、このうちのプロゲステロンの影響によって「腱鞘と腱の摩擦が起こりやすくなっている」点も関係していると言われています。

 

症状としては、患部の痛みや腫れが主な症状とされています。
これらが進行することで、関節が固まってしまう場合もあります。

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎になった場合の対処法

捻挫や腱炎・腱鞘炎になった際は、それぞれの状態に合った適切な処置が必要です。

具体的にどのような対処法があるかみていきましょう。

 

●安静にする

捻挫や腱鞘炎を起こしたときは、安静にすることが一番大切と言われています。
また、ドラッグストアなどには塗り薬や貼り薬も販売されていますので、適切なものを使用するのも良いでしょう。

 

●RICE処置

 

ケガをした時の応急処置の1つに、RICE処置があります。
このような「医療機関にかかるまでの間にできる処置」を実践するのも1つの方法です。

1.Rest(安静)

ケガをした部分の腫れや、更なる損傷を防ぎます。
運動などを辞めて患部を動かさないようにします。

2.Ice(冷却)

血管の収縮を促し、炎症を抑えます。
低酸素障害からくる細胞壊死や、腫れを軽減することにもつながると言われています。
冷たい保冷剤やアイスバッグなどを用いて、ケガをした部分を冷やしましょう。
保冷剤などはタオル類でつつみ、凍傷予防も行います。

3.Compression(圧迫)

内出血や腫れを抑える目的で圧迫を行います。
テーピング材や弾性包帯などを用いることが多いでしょう。

4.Elevation(挙上)

ケガをした部分の腫れを防ぐ目的で行います。
出来る限り心臓よりも患部を高くし、安静を保持します。

 

●テーピング

 

足首などの関節にテーピングを行い、ケガをしやすい部分を補強します。
また、多少動きを制限することでケガの再発予防にも働きかけます。

応急処置としてのテーピングは、症状悪化を最小限にとどめるための目的もあります。

部位によって巻き方はさまざまですが、中でも「スターアップ」や「アンカー」という巻き方を基準に、応用の巻き方をしていくことも可能でしょう。

それぞれの部位に合ったテーピングをすることが大切です。

 

亀有整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

当院では、捻挫・腱炎・腱鞘炎に対してカウンセリングで患者さんのお一人お一人の症状を確認して、的確な施術プランを計画していきます。

保険施術」「テーピング」を使い、動かすときに負担になる関節をテーピングでフォローします。

また、「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」を使って、固定した箇所の動きをかばうことで周りの筋肉が緊張しないように緩めていきます。

また、早期改善を目指せるよう、睡眠や食事含め生活指導も行っていきます。

 

また、カウンセリング時にどのような生活をしているのかもお聞きし、生活に応じて施術方法を変えていきます。

学生であれば早期復活に向けてしっかりと固定し、1週間は運動を休んでいただく場合もあります。

 

主婦の方や育児中の方にも腱炎・腱鞘炎を起こす方は多くいらっしゃいます。
無理に固定してしまうと家事ができなくなってしまうので、テーピングで補強して動かせるようにしていきます。

捻挫、腱炎・腱鞘炎は症状の改善だけでなく、患者さんの日常生活のことも考えて施術方法を変えていきます。
また、ご自宅でもできるような、簡単にできるストレッチもご提案しています。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

主に、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷が保険施術可能です。電気施術、運動療法、温罨法・冷罨法といった施術を行います。
「ぶつけた」「ひねった」などの急な外傷を受けて発生したケガや、繰り返しの動きや姿勢の悪さから少しづつ受けたダメージが積み重なり発生したケガなどに保険が使えます。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は通常の電気療法では届かない深部まで効果が期待できる施術です。
特に慢性的な肩こりといった昔からの悩みを解消することにも高い効果が目指せる、おすすめの施術です。
他にも、ぎっくり腰や寝違えといった症状にも効果が期待できます。一度の施術で効果が出る方もいらっしゃいます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープを貼ることで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、「磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■骨格矯正

骨が正しい位置にないと、痛みが伴い左右差で身体のバランスが崩れ違いが生じ、最終的には痛みの再発にも繋がります。
骨を正しい位置に調整することで、痛みの除去と再発の防止を行います。身体の痛みにお悩みの方、おすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中