腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 常に腰の痛みを抱えながら生活している

  • 腰をかばっていたら他の部分まで痛くなった

  • 長年腰痛に悩んでおり、解放されたい

  • 自分でケアをしても改善しない

あなたは腰以外の痛みにも悩まされていませんか?

腰痛と言っても、人によって症状はさまざまです。

動くと痛い、安静にしていても痛い、他の部分も痛む
など、その現れ方は多岐に渡ります。

 

腰は身体の各部分とつながっている大切な場所。
そのため腰痛の前兆として「背中」や「脚」など、他の部位に痛みが出ることもあります。

腰痛でお悩みの方へおすすめのメニュー Recommend Menu

つらい腰痛はなにが原因で起こっているのでしょうか

腰は身体の中心にある非常に重要な部位です。

頭から胴体までの上半身の重さを全て支えると同時に、下半身から受ける衝撃を支えるという重要な役割を果たしています。

公益社団法人 日本理学療法士協会によれば「日本人の約8割が一生に1度は腰痛を経験する」ということが明らかになっています。

このことからも、腰にかかる負担の大きさがはかり知れます。

では、腰痛の具体的な原因には何が挙げられるのでしょうか。

 

 

【腰痛の具体的な原因】

 

腰痛の原因には主に「日常生活によるもの」と「疾患からくるもの」が存在します。
日常的な動作が原因で発生する多くは慢性的な腰痛で、腰の重さやだるさを伴うことがあります。

 

主に次の原因が挙げられます。

 

【日常生活に原因がある腰痛】

 

●長時間の不良姿勢

長時間のデスクワークや、座り仕事・立ち仕事なども原因の1つに挙げられます。

同じ姿勢を長時間取っていると、どうしても気づかないうちに悪い姿勢になってしまうことが多くあります。
すると骨盤のゆがみが発生し、腰回りの筋肉が緊張してしまうことにも繋がります。

 

●ストレス

精神面でストレスを感じると、脳の機能上「痛みを感じにくくするための神経伝達物質」が放出されにくくなってしまうといわれています。

そのため長期的なストレスを抱えている方は、より一層腰痛に敏感になってしまうというケースもあります。

 

【疾患が原因の腰痛】

 

●ぎっくり腰

急性腰痛として知られるぎっくり腰。

重いものを持った時や立ち上がる瞬間などに、腰に激痛が走ることが特徴です。
ぎっくり腰の原因の1つに「腰椎椎間関節症」が考えられています。
これは椎間関節への強い負荷椎間板の変形によって起こるといわれています。

ぎっくり腰はほとんどの場合が2週間程で回復するとされていますが、しびれが併発するなどの場合は別の疾患が疑われるケースもあります。

 

●腰椎椎間板ヘルニア

腰椎にある椎間板という、骨と骨を繋いでいる部分が飛び出てしまう状態のことを言います。
それによって神経が圧迫され、腰痛に繋がるとされています。

 

●腰部脊柱管狭窄症

こちらも神経の圧迫によって痛みが生じます。
「加齢などによる背骨や椎間板の変形」が原因であるのが腰部脊柱管狭窄症です。
腰痛に加えて、脚のしびれや痛みが出ることもあるため歩行に支障が出るケースもみられます。

 

●脊柱分離症

腰をひねる動作によって骨が分離すると、脊柱分離症が起こるとされています。
腰を曲げる動作や左右に繰り返し動く動作を多く取る方に起こりやすいです。

 

●すべり症

脊椎にある骨が「前後」に滑って出てきている状態のことをいいますが、こちらも腰痛の原因になり得ます。

 

●骨粗鬆症

主に加齢によって起こることが多く、骨密度が低い高齢者などに多くみられます。
骨粗鬆症のみで痛みが発生することは基本的にはありませんが、骨粗鬆症が原因となって「腰が骨折していた」というパターンは多く存在します。

 

腰痛を悪化させないための予防法

日常生活において腰痛対策を意識するだけでも、効果的な予防に繋がります。

いくつかご紹介しますので、無理のない範囲で取り入れてみてください。

 

【腰痛の予防法】

 

●正しい座り方

特にデスクワークをしている方は、気づかないうちに悪い姿勢になってしまうことが多くあります。

両足をしっかりと地面につけて、椅子に深く腰掛けるようにしましょう。
浅く座って背中を倒した姿勢は、骨盤のゆがみにもつながりますので控えましょう。

 

●腰をひねる動作を控える

例えば後ろから名前を呼ばれたときには、腰を使って振り向いてしまいやすいものです。
ですが腰をひねって急に振り向く動作は、身体に負担がかかります。

全身を使って身体の向きを変えるように意識してみましょう。
特に、荷物を運んでいるときは要注意です。
重いものを持ったまま急に腰をひねる動作は、控えるようにしましょう。

 

●中腰で荷物を持ち上げないようにする

重いものを持ち上げる際には、どうしても立ち姿勢のまま持ち上げてしまいそうになりますね。
しかしそれはとても腰に負担をかける動作になります。
腰痛を悪化させないためにも、身体全体と荷物を近づけるイメージで物を持ち上げるようにしましょう。

 

●必要に応じて腰痛ベルトを利用する

ドラッグストアや薬局などには、腰痛予防に特化したベルトが置いてありますよね。
自分の身体に合う商品が分かればそういったものを利用するのも良いでしょう。

ですが、間違った商品選びや使用方法は症状の悪化にも繋がってしまう可能性があります。

専門的な知識を持った方や医療機関に相談して、的確なアドバイスをもらいながら使用するようにしましょう。

 

亀有整骨院の【腰痛】アプローチ法

腰痛は普段の姿勢の悪さが原因のことが多くあり、当院では身体のゆがみを6パターンに分けて姿勢分析を行い「硬くなりやすい筋肉」「動きの悪い関節」を見つけていきます。

 

腰痛において原因はさまざまです。
そのため、まずは原因を追求することが大切です。

症状を把握した上で「骨格矯正」「筋膜ストレッチ(リリース)」を使って、腰から足にかけての下肢の筋肉を緩めていき、身体の後ろだけではなく前からもアプローチしたり、お腹からインナーマッスルに対してアプローチをかける場合もあります。

また、日常生活指導も行い姿勢や筋肉の状態を改善していきます。

 

腰痛は日常生活の姿勢を意識したり、普段できるストレッチが大切です。
自宅でできる簡単なストレッチ、体操もお伝えしています。

 

【腰痛アプローチ方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■骨格矯正

骨が正しい位置にないと、痛みが伴い左右差で身体のバランスが崩れ違いが生じ、最終的には痛みの再発にも繋がります。
骨を正しい位置に調整することで、痛みの除去と再発の防止を行います。身体の痛みにお悩みの方、おすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

 

■ドレナージュ【DPL】

足の疲労物質が溜まっていることにより生じる「むくみ」「冷え性」「ツリ症状」「疲労感」などに効果が期待できます。
足のリンパケアをすることで、血行やリンパの流れを促進し痛みの緩和を促します。

 

■カッピング

カップ内を真空状態にし皮膚や皮下脂肪などを吸引することで、血液やリンパの流れを促進します。 体外から体内に向けて押して刺激を与えるのではなく、引いて刺激を与えることが特徴です。
コリや痛みの改善に期待ができる施術方法です。

 

■猫背矯正

まずは施術に入る前に現状の姿勢をきちんと確認していただきます。猫背矯正をすることで姿勢やさまざまな症状を改善していきます。
猫背は「普段の姿勢」「筋力低下」により再発することが多くありますので、日常生活指導や筋力トレーニングも一緒にアドバイスさせていただきます。

 

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中