膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 運動をきっかけに膝が痛むようになった

  • 膝の動きが悪い気がする

  • 膝が痛くて階段の昇り降りが
    つらい

  • 膝の痛みがなかなか改善しない

「つらい膝の痛み」に悩まされていませんか?

膝の痛みは日常生活にも大きな影響を及ぼします。

 

スポーツで膝が痛くなることもあれば、
年齢を重ねるごとに痛みを感じるようになったと言うケースも少なくありません。

 

膝痛は、老若男女問わず悩まされることがある症状のうちの1つです。

膝の痛みでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

苦しい膝の痛みの原因

膝は私達の体重を支える大切な関節です。

歩行や座ったり立ち上がったりする動きも、膝の骨や軟骨、筋肉などが上手く動作することで成り立っています。

そんな大切な膝の痛みは、40代以降の中高年から感じ始めることが多いと言われています。

膝が痛くなる理由はどこにあるのでしょうか。

膝の痛みは、加齢によるものや歩行の動作に関連するものなどさまざまな要因が考えられています。

次に具体例をご紹介します。

 

【疾患が関係している場合】

 

●変形性膝関節症

加齢によって、関節内の軟骨が硬くなることにより生じる場合があります。
また、そのような状態のまま歩きすぎてしまうことで、関節の軟骨がすり減って痛みを生じることも多々あります。

 

●半月板損傷

膝の中にある軟骨様の板を半月といい、これは膝の中でクッションのような役割をしています。
半月板を損傷することで、膝を動かすときに痛みや違和感を覚えるとされています。
変形性膝関節症の後遺症として半月板損傷がみられる場合や高齢者のみならず、若い方がスポーツの際にジャンプでの着地に失敗した、などが原因で発症するケースもあります。

 

●関節リウマチ

手首や足首などが腫れて痛くなり、朝の起床時にこわばりが出る症状も特徴的です。
リウマチは膝や股関節などの比較的大きな関節にも出ることがあるため、それらが進行すると痛みや変形につながることもあります。

 

●膝関節靭帯損傷

運動や事故などによって、外から大きな負荷がかかったときに靭帯の損傷がおこるとされています。
例えば普段運動をしない高齢者が、急に運動を始めたことでケガをしてしまう場合があります。
その他にも、スポーツ障害により靭帯が傷つくケースもあります。
その原因の1つには、曲げ伸ばし動作などでのオーバーユースや、オーバートレーニングが関わっていることも少なくありません。

 

【疾患以外が原因となっている場合】

 

●筋力低下

歩いたり立ち上がったりする際には、身体のあらゆる筋肉を使います。
中でも太ももの筋肉は膝関節にかかる負担を緩和する作用もあると言われています。
そのような大事な筋肉の力が低下することが関係して、膝の痛みを招いているケースもあります。

 

●股関節や膝の動きが悪い

関節は使わないでいると、柔軟性が無くなっていき動かしにくくなってしまいます。
運動不足や、上記のような疾患が原因で関節が硬くなると、その周りの組織に負担がかかり痛みが出るようになります。
進行すると脚をまっすぐにできなくなる場合もあり、脚に負担をかける歩き方をしてしまうことにもつながります。

 

膝痛を悪化させないために

このような膝の痛みには、原因に合った適切な対処を行う必要があります。

膝の痛みを悪化させないためには、安静にしたほうがいい場合と動かしたほうがいい場合があります。

日常生活でも、無理のない範囲でできる適切な対策を取り入れてみましょう。

 

【病気が関連している場合】

 

●変形性膝関節症

進行してしまう程、元に戻すのが大変と言われています。
そのため症状の予防が非常に大切と言われています。
中でも大切とされているのが、筋力をつけることです。
筋肉を付けると関節の位置が安定し、軟骨のすり減りの緩和にもつながると考えられています。

 

●半月板損傷

半月板損傷は変形性膝関節症が関連していることも少なくありません。
前述のように、筋力低下を防いで軟骨のすり減りを抑えることも予防法の1つです。
生活の中に、軽い運動などを取り入れて予防するのもよいでしょう。

 

●関節リウマチ

関節が腫れていないときであれば、身体を適度に動かすことも良いでしょう。
スポーツに打ち込むだけでなく、家事や軽いウォーキングなども有効と言われています。
関節を使うことで柔軟性を保つことに繋がります。

 

●膝関節靭帯損傷

出来る限り発症する前に防ぐことが理想です。
急激な体重増加に注意することで、膝への負担軽減に繋がります。
また運動後のアイシングは、関節への負担を軽減するとともに靭帯の回復促進にも有効と言われています。

 

【日常の中でできる対策】

 

膝に負担を掛けないように意識して生活するだけでも有効な対策になります。
膝に負担がかかりやすい動作には、正座や階段昇降などが上げられます。
なるべくイスに座ったり、平らな道を歩いたりして膝への負担を減らすようにしましょう。

 

【安静にしたほうがいい場合】

 

膝に痛みが出ている時期は安静にしたほうが良いでしょう。
特にいつも以上に重さのあるものを持ったり、激しい運動は控えた方が良いとされています。
また、無理をせずに少しでも異変を感じたら医療機関の指示を仰ぎましょう。

 

【動かしたほうがいい場合】

 

筋力の低下による場合などは、筋力をつけて関節のすり減りを抑えることも大切です。
小さな運動でも毎日継続することが、効果的に筋力アップすることに繋がります。
そこで、簡単に取り入れることができる足上げ運動をご紹介します。

椅子に深く座り、膝を直角にします。
片膝を伸ばしてゆっくりと上げ、まっすぐにして5秒静止します。
両足とも行いましょう。無理のない範囲で少しずつ行うことが大切です。

 

亀有整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院ではカウンセリング、触診、検査、エコー画像を使いどこを痛めているのかを確認しながら施術プランを立てていきます。

 

受傷した直後の痛みが強い場合は、アイシングをして炎症を軽減して「テーピング」などを使い関節を固定していきます。

その後は「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」や「DPL」を使い筋肉が硬くなってしまうのを防ぐ施術を行っていきます。

 

膝の痛みは重度の場合もあるので、その際は応急処置をして医療機関への紹介状をお渡しすることもあります。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は通常の電気療法では届かない深部まで効果が期待できる施術です。
特に慢性的な肩こりといった昔からの悩みを解消することにも高い効果が目指せる、おすすめの施術です。
他にも、ぎっくり腰や寝違えといった症状にも効果が期待できます。一度の施術で効果が出る方もいらっしゃいます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープを貼ることで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■骨格矯正

骨が正しい位置にないと、痛みが伴い左右差で身体のバランスが崩れ違いが生じ、最終的には痛みの再発にも繋がります。
骨を正しい位置に調整することで、痛みの除去と再発の防止を行います。身体の痛みにお悩みの方、おすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足の疲労物質が溜まっていることにより生じる「むくみ」「冷え性」「ツリ症状」「疲労感」などに効果が期待できます。
足のリンパケアをすることで、血行やリンパの流れを促進し痛みの緩和を促します。

 

■カッピング

カップ内を真空状態にし皮膚や皮下脂肪などを吸引することで、血液やリンパの流れを促進します。 体外から体内に向けて押して刺激を与えるのではなく、引いて刺激を与えることが特徴です。
コリや痛みの改善に期待ができる施術方法です。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中