スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • スポーツでよく使う部位が痛む

  • ラグビーのタックルにより腕を打撲した

  • バレーボールで着地の際に足首を捻挫した

  • 部活の最中に肉離れを起こしたことがある

スポーツ時のケガでお悩みではありませんか?

老若男女問わず、部活や趣味での運動をする際に
「ケガ」は切り離せない存在とも言えるでしょう。

 

よく使う部位に痛みが出たという場合や、
1度の衝撃によってケガをした場合など、多くのケースが存在します。

 

このような「スポーツが関連して起こるケガ」について、
詳しくみていきましょう。

スポーツによるケガでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

スポーツによって起こるケガの種類について

部活や趣味のスポーツがきっかけでケガをした経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は、スポーツで起こるケガには、

スポーツ障害

スポーツ外傷

この2パターンが存在します。

それぞれケガについて詳しくご紹介します。

 

 

【スポーツ外傷とは】

 

スポーツ外傷は転倒や衝突など、1度に大きな力が加わってケガに繋がった場合を言います。

具体例としては、大きな外力が加わることで「打撲や捻挫、肉離れ、靭帯損傷」などが起こることが多いです。

柔軟不足も原因の1つと考えられています。

ウォーミングアップ不足の筋緊張したままの状態で激しく運動をすることは、組織の損傷にもつながりやすいとされているのです。

よくあるスポーツ外傷の例としては、転倒や衝突などの衝撃が挙げられます。
部活やサークルなどのスポーツで起こる事も多いでしょう。

例えば「ラグビーのアタック」や「バスケットボールの時に着地で転倒した」などです。
スポーツ選手以外にも、趣味でマラソンをしている方が「走行中に転倒した」といったケースなども含まれます。

 

スポーツ外傷を受けた際、医療機関に行くまでにできる応急処置として「RICE処置」が挙げられます。

※Rest,Ice,Compression,Elavation(安静、冷却、圧迫、挙上)の頭文字を取ってRICEとされています。

 

【スポーツ障害とは】

 

1度の衝撃によるケガではなく、長期的に小さな負荷が繰り返しかかる事によっておこるケガのことを指します。

そのスポーツや種目ごとによく使う部位は異なりますが、次のような一定の部位を使いすぎることで発症しやすいとされています。

 

●オーバーユース(overuse)

例)野球での投球や素振りなどの動作を毎日行っているなど、同じ作業を繰り返すことによる使い過ぎ

●ミスユース(misuse)

例)自分に合った身体の使い方ができていないままの動作を続けるなどで筋肉や腱を痛める

●ディスユース(disuse)

例)急な運動により負荷が大きくかかってしまうなど

 

中でも「間違ったフォーム」で同じ動作を繰り返すことは、筋肉や関節・骨などに負荷を与え続けることに繋がり、スポーツ障害の要因にもなり得ます。

 

 

【スポーツ障害の具体例】

 

●野球肘

投球肘とも言われ、ボールを投げる動作によって起こるとされています。
肘の曲げ伸ばしに加えてひねりの動作も入るため、肘関節に負荷がかかりやすい動きと言えるでしょう。
肘の内側が痛むこともあれば、外側が痛むこともあります。
そのほとんどの原因はオーバーユース、つまり使いすぎとされています。

 

●テニス肘

バックハンドで肘の外側を傷めるケースが多くあります。
その他にもサーブやスマッシュの動きを繰り返すことで、肘の内側に痛みが出る場合もあると言われています。
場合によっては「間違ったフォーム」が原因となってスポーツ障害につながっているケースもあります。

 

●野球肩

投球の動作などの腕を大きく振る動きを繰り返すことで、肩に痛みが出ます。
多くの場合は同じ動きを繰り返すことが原因となりますが、股関節の柔軟性の低下・柔軟不足や、肩周辺の筋緊張が関連しているケースもあります。

 

●オーバーユースによる疲労の蓄積

例えば長時間のランニングは、スポーツの中でも長時間「走る」という同じ動作を繰り返します。
このように、一定の部位を使い過ぎることで身体に蓄積された疲労が、結果的にトラブルにつながるケースも多いと言われています。

 

スポーツがきっかけでケガをした場合の対処法

 

スポーツが原因でケガをしたときは、予防や対策をすることはもちろんですが、医療機関にかかるまでの間の応急処置も重要になります。

不適切な処置をしてしまったり応急処置を行わなかったりすることで、回復に時間がかかってしまうケースもあります。

 

 

【日常生活の中でできる対策の例】

 

●競技によって鍛え方を変える

スポーツによりケガのパターンは異なります。
例えば、身体の片側を頻繁に使うスポーツであれば身体にゆがみが生じることが多くあります。
ゆがみが原因で起こるケガを防ぐためには、両側をバランスよく鍛えることも方法の1つです。

このように競技に合わせて、重点的に鍛える場所を変えることが大切です。

 

●自分の身体にあるクセを把握する

一人ひとり、身体の動かし方にはクセがあると言われています。
間違った動作を身体がクセとして覚えることで不良姿勢や不適切な動作に繋がり、結果としてケガを生じることがあります。
自分の身体を知り、正しい動作や姿勢を心がけると予防につながります。

 

【ケガをした際の対処法】

 

●アイシング

冷やすことで患部の細胞の新陳代謝が低下すると言われています。

患部組織の代謝が低下することで二次的な損傷の予防にもつながります。

また冷やすことで神経の伝達速度が下がり、痛みが和らぐとも考えられています。

 

●RICE処置

 

安静(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)からなるRICE処置は、ケガの際の応急処置の1つの方法です。

 

安静(Rest)
患部を動かさないようにし、損傷の拡大を予防します。

冷却(Ice)
冷やすことで痛みを和らげ、腫れや熱感を抑える目的があります。

圧迫(Compression)
弾性のある包帯やテーピングで患部を圧迫します。
腫れを抑えるために行いますが、強すぎる圧迫は逆効果になるので注意が必要です。

挙上(Elevation)
台や高さのあるものを利用し、患部を心臓よりも高い位置に保ちます。
台などの角でケガをしないように注意しましょう。

 

●テーピング

テーピングは、患部の損傷や症状を最小限にするために行われます。
適度な力で圧迫することで腫れを最小限にし、可動域を制限することで患部の安静保持をします。

部位によって適切な巻き方が変わるので基本的な巻き方を覚えると、さまざまな部位に応用することができます。

 

亀有整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

肩が痛い場合でも、実は手首や肩甲骨など違う箇所が原因で痛めている場合もあるので、当院ではカウンセリングや検査をしてどこに原因があるのか探していきます。

その原因に対して硬くなった筋肉を「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」で緩めて、「骨格矯正」などで動きをつけることをしていきます。

 

スポーツによるケガの多くは「使いすぎ」「フォームの悪さ」「柔軟性不足」という場合が多いため、「フォームの指導」「ストレッチ指導」「セルフケア」なども行っております。

必要に応じてトレーナー活動もしていますので、ご相談してください。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

主に、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷が保険施術可能です。電気施術、運動療法、温罨法・冷罨法といった施術を行います。
「ぶつけた」「ひねった」などの急な外傷を受けて発生したケガや、繰り返しの動きや姿勢の悪さから少しづつ受けたダメージが積み重なり発生したケガなどに保険が使えます。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は通常の電気療法では届かない深部まで効果が期待できる施術です。
特に慢性的な肩こりといった昔からの悩みを解消することにも高い効果が目指せる、おすすめの施術です。
他にも、ぎっくり腰や寝違えといった症状にも効果が期待できます。一度の施術で効果が出る方もいらっしゃいます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープを貼ることで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■骨格矯正

骨が正しい位置にないと、痛みが伴い左右差で身体のバランスが崩れ違いが生じ、最終的には痛みの再発にも繋がります。
骨を正しい位置に調整することで、痛みの除去と再発の防止を行います。身体の痛みにお悩みの方、おすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頭痛・眼精疲労・めまいなどの症状は、「首の筋肉の緊張」「頭の筋肉の緊張」「頭蓋骨のゆがみ」が原因となっている場合があります。
それをリンパケアをすることで疲労物質を流し、頭蓋骨の調整をすることで緩和します。

 

【DPL】

足の疲労物質が溜まっていることにより生じる「むくみ」「冷え性」「ツリ症状」「疲労感」などに効果が期待できます。
足のリンパケアをすることで、血行やリンパの流れを促進し痛みの緩和を促します。

 

■カッピング

カップ内を真空状態にし皮膚や皮下脂肪などを吸引することで、血液やリンパの流れを促進します。 体外から体内に向けて押して刺激を与えるのではなく、引いて刺激を与えることが特徴です。
コリや痛みの改善に期待ができる施術方法です。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中