肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 仕事中も肩が痛んで集中でき
    ない

  • 身体が冷えている気がする

  • 肩こりが慢性化している

  • ケアをしても肩が痛みが続く

つらい肩こりに悩まされていませんか?

肩こりは日本人の多くの方が悩んでいる症状の1つです。

 

肩の痛みが既に慢性化してしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

つらい肩こりの原因や、ケアの方法について詳しくみていきましょう。

肩こりでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

肩が痛くなるのはどうしてなのでしょうか

肩こりは日本人に多いとされていますが、これには理由があります。

日本人は頭部が大きいことに対して、首肩の骨格が小さい作りとなっているのですが、これが肩こりになりやすい理由の1つと言われています。

 

肩は頭部の重さを支えていますが、骨格が小さい日本人には負担が大きくなると言えるでしょう。

 

そのため日頃から不良姿勢になっている方が多く存在し、正しい姿勢を取ろうと思っても「身体に対して頭・腕が前に出る」格好になってしまうという方も少なくないです。

 

【つらい肩こりの痛みの原因】

 

●筋肉の疲労

肩こりの原因の中で、1番多いと言われているのは筋肉の疲労です。

長時間のスマホの使用・デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けると、どうしても猫背などの前かがみになり不良姿勢になってしまうことが多くあります。
それにより肩から背中の筋が緊張してしまい、肩のコリに繋がると言われています。

進行することで痛みの範囲は広がり、肩甲骨のあたりまで凝ってしまう場合も多くあります。

 

●運動不足

身体を動かすことが少ないと、血流が悪くなり肩こりの原因になります。
血流が悪くなることで、血中酸素や栄養素が充分に運ばれずに疲労を起こしやすくなってしまうとも言われています。

 

●眼精疲労

パソコンやスマホの細かい文字や光を常に見続けていると、目の筋肉も常に緊張した状態になってしまいます。
その状態が続くことで目の筋肉から首や肩の筋肉も凝り固まってしまい、肩こりになりやすくなります。

 

●血流不足

低血圧の方の多くには、身体の末梢の冷えや立ちくらみなどに加えて、肩こりの症状がみられることがあります。
これらは一般的に「血流が悪い」ために起こると考えられています。

その一方で高血圧の方の多くには、めまいや頭痛、動悸、そして肩こりが起こりやすいと言われています。

人はストレスを感じたときなどに血管が狭くなりやすく、血圧も上がりやすくなります。

 

他にも血圧が上がる要因は多岐にわたりますが、実際はそのような血圧の変動と肩こりの深い関係性は明らかにはなっていません。
ですが上述したように、低血圧・高血圧の方の中には肩こりを訴える方も多くいらっしゃいます。
そのため一説では肩こりが起こりやすいことには血流が関係しているのではないかと考えられています。

 

肩こりの症状と改善するまでの期間

肩こりになると、肩の痛み以外にもさまざまな症状がみられることがあります。

進行することで、頭痛や吐き気を伴うケースもあります。

肩から離れた部位に症状や痛みを感じていたけど、実は肩こりが関連していた、という場合もあるのです。

 

【肩こりによる症状】

 

●肩をすくめた時の痛み

首から背中へ広がる大きな筋肉「僧帽筋」に原因がある場合に、このような症状が出やすいとされています。

 

●首の下から肩にかけてのコリ・痛み

肩甲骨から首をつないでいる筋肉である「肩甲挙筋」が硬くなっていると、それに伴って首の下から肩にかけてのコリが多くみられます。

 

●首を前かがみにすると苦しい

胸鎖乳突筋」という筋肉が関わっており、首を回す・曲げるときに使われる筋肉です。
ここにコリが生じていると、下を向くのがつらくなることが多いでしょう。

 

●首を後ろに曲げると苦しい

首を伸ばすときには「頭板状筋」という部分を使います。
もし首を後ろの方に反らす動きが苦しいのであれば、この筋肉にコリが生じている可能性があるでしょう。

 

●めまいや頭痛、吐き気などの、自律神経症状

肩や首が凝り固まった状態が続き、筋緊張が起こることで神経にも影響が出るとされています。

首にある神経は頭の方にも繋がっており、さらには自律神経とも密接な関係を持っています。
そのため自律神経症状が起こることもあると考えられており、「めまいや吐き気、頭痛、不眠」などの症状を訴える方もいます。

 

【肩こりが改善するまで】

 

肩こりは慢性化している方も多く、その症状には個人差が大きいため、施術にかかる期間も十人十色です。
最近コリを感じ始めたという方もいれば、5年以上肩こりに悩んでいるという方も少なくないでしょう。

さらに肩こりは繰り返すことが多く、完治は難しい症状とも言われています。
しかし、個々の状況に合わせた施術を計画して継続することで「改善」を目指すことは可能です。

自分自身に合ったケアを続けることが大切になります。

 

亀有整骨院の【肩こり】アプローチ方法

当院では、症状のパターンにより施術方法を変えています。

●筋肉の硬直が原因の場合

肩こりは首から背中にかけての筋肉が硬くなり発症し、硬くなることで肩周りの血液循環が悪くなり疲労物質が溜まってしまいます。その場合は、筋肉を覆う筋膜を整えて血液循環を促進する「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」を行います。

●他の症状も出ている場合

肩こりから頭痛といった症状が出る可能性も高く、その時は「EHD」で首のリンパケアを行います。

 

肩こりは日常的な私生活に原因がある場合が多い症状です。
そのため「簡単な体操」「ストレッチ指導」「生活指導」も行っています。

 

肩こりは初期の段階から症状に合わせた適切な施術をしっかりと行えば改善が期待できる症状の1つであると考えています。

カウンセリング・検査をしっかりと行い、患者さんお一人お一人の症状に合わせて的確な施術プランを計画し、日常生活に支障が出ないよう無理のない施術を行っていきます。

 

【肩こりアプローチ方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は通常の電気療法では届かない深部まで効果が期待できる施術です。
特に慢性的な肩こりといった昔からの悩みを解消することにも高い効果が目指せる、おすすめの施術です。
他にも、ぎっくり腰や寝違えといった症状にも効果が期待できます。一度の施術で効果が出る方もいらっしゃいます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープを貼ることで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■骨格矯正

骨が正しい位置にないと、痛みが伴い左右差で身体のバランスが崩れ違いが生じ、最終的には痛みの再発にも繋がります。
骨を正しい位置に調整することで、痛みの除去と再発の防止を行います。身体の痛みにお悩みの方、おすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足の疲労物質が溜まっていることにより生じる「むくみ」「冷え性」「ツリ症状」「疲労感」などに効果が期待できます。
足のリンパケアをすることで、血行やリンパの流れを促進し痛みの緩和を促します。

 

■カッピング

カップ内を真空状態にし皮膚や皮下脂肪などを吸引することで、血液やリンパの流れを促進します。 体外から体内に向けて押して刺激を与えるのではなく、引いて刺激を与えることが特徴です。
コリや痛みの改善に期待ができる施術方法です。

 

■PIA

痛みを感じるときには、人間の身体を流れる生体電流が乱れてしまっている状態であることが多いです。
PIAは金属や磁石を使用して生体エネルギーの乱れを整えて症状を改善する施術方法です。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中