打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 転んで身体を強くぶつけた

  • 腕の一部がなぜか腫れている

  • 頭をぶつけてこぶができてし
    まった

  • 高所から転落し、脚に内出血が起こった

日常によくあるケガ「打撲」

日常生活において、身体をぶつけてしまうシーンは多く存在します。

 

身体をぶつけて「内出血が起こった」「腫れと痛みが出ている」

そんなときに、ぶつけた箇所が腫れあがったりじんじんと痛みが残ったりすることありますよね。

 

ここでは、そんな打撲の症状や対処法についてご紹介します。

打撲でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

打撲が起こってしまう原因

主に身体のどこかを強くぶつけたり、スポーツ時に相手選手との衝突など、「気が付いたら腫れている」「内出血が現れて打撲に気が付く」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

 

【打撲の主な原因】

 

打撲が起こるシーンにはさまざまなものが挙げられますが、具体例をご紹介していきます。

 

●スポーツで衝撃を受けたとき

サッカーやバスケットなどで、ボールが当たって身体に強い負荷がかかった場合や、運動中に転んだ際、身体を強く打ち付けたときにも打撲に繋がることがあります。

 

●つまずいて転んだとき

足の弱い高齢者などであれば、小さな段差につまづいて転んだときに打撲してしまうこともあります。
若者であっても急いでいるときに転んでしまうなど、日常の些細なシーンで起こりえるのが打撲です。

 

●転落したとき

特に階段を下るときには転落の危険があるため、打撲も起こりやすいと言えます。
また、ベッド柵がついていないベッドを使ったときに、寝返りを打って転落してしまうというケースもあります。

 

【打撲した時の症状】

 

打撲が起こると、患部の周辺に炎症が起こります。
そのために腫れたり熱感を持ったりすることが多く、ときには内出血(青あざ)の症状が出る場合もあります。

 

皮膚が青紫色に変色しているときには、患部が内出血を起こしている可能性があります。
また頭部を打撲した際は「こぶ」が見られる場合もあります。

 

打撲が起こると「直後はそこまで痛まなかったが、時間が経過してから痛みが激しくなった」ということもあり得ます。

 

打撲した場合の対処法

打撲かな?と思ったときには、早めに適切な対処を行うことが大切です。

応急処置を行い、早い段階で医療機関の指示を仰ぎましょう。

 

ここでは打撲に対する基本の応急処置をご紹介します。

 

【RICE処置】

 

1.R:Rest(安静)

打撲した部分を動かさないようにします。更なる損傷を防ぐことが大切です。
腕であればタオルや三角巾などで吊るすなどして、負荷がかからないように処置しましょう。

 

2.I:Ice(冷却)

血管の収縮を促することによって炎症を抑えます。
冷たい保冷剤やアイスバッグを使い、打撲した部分を冷やします。
保冷剤などは肌に直接当てると凍傷の危険があるため、タオルなどで包むようにしましょう。
1回の目安は15から20分とされていますので、長時間の冷却は控えるようにしましょう。

 

3.C:Compression(圧迫)

内出血や腫れを予防することが目的です。弾性のあるテーピングや包帯を使い、患部を固定します。
圧迫と言っても、打撲した部分を動かさないようにすることが大切です。
適度な圧迫が大切であり、あまりにも強く巻くことは血流の低下などにも繋がるので控えましょう。

 

4.E:Elevation(挙上)

打撲した部分を心臓よりも高い位置に保持して、内出血や痛みを防ぎます。
このときも安静を保つことが大切です。

 

 

【テーピング】

 

打撲をした後のアイシングと同様に、テーピングも重要な役割を担っています。
パットなどを打撲した部分に充てて、弾力のある包帯やテーピングで巻きます。
これは腫れを抑えることにも効果があると言われています。
部位に応じた適切な巻き方でテーピングを行いましょう。

 

亀有整骨院【打撲】アプローチ方法

当院ではまずきちんと問診を行い症状の度合いを見極め、患者様お一人お一人の症状に合わせた的確な施術プランを計画します。

初期の場合は炎症症状が出ているのでアイシングをして「テーピング」で固定をします。

打撲は瘢痕組織が残り硬くなってしまい、これを残してしまうと肉離れなど大きなケガに繋がることがあるので、その後は「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」で血液循環を促進して、瘢痕組織を流していきます。

 

打撲はポイントによって長引く可能性があるので、早めのご来院をおすすめしています。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

主に、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷が保険施術可能です。電気施術、運動療法、温罨法・冷罨法といった施術を行います。
「ぶつけた」「ひねった」などの急な外傷を受けて発生したケガや、繰り返しの動きや姿勢の悪さから少しづつ受けたダメージが積み重なり発生したケガなどに保険が使えます。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は通常の電気療法では届かない深部まで効果が期待できる施術です。
特に慢性的な肩こりといった昔からの悩みを解消することにも高い効果が目指せる、おすすめの施術です。
他にも、ぎっくり腰や寝違えといった症状にも効果が期待できます。一度の施術で効果が出る方もいらっしゃいます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープを貼ることで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中