股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 脚の付け根が痛むようになった

  • 立ち上がる時に股関節が痛む

  • 寝ている時も足の付け根が痛い

  • 靴下を履くのがつらい

脚の付け根に痛みが生じる「股関節痛」

股関節痛は身体の体幹バランスが悪い方に多くみられ、
つま先立ちや片足立ちを維持できない方に出やすい症状です。

 

サッカーやマラソンなど、
股関節を頻繁に動かすスポーツをしている方にもみられることがあります。

 

ここでは、股関節痛の原因や予防法について詳しくご紹介します。

股関節痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

股関節の痛みの原因について

股関節や、太ももまでに痛みが生じる「股関節痛」。

立ち座りの際に痛みが出るなど、日常生活の中で不便に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜ股関節に痛みが出てしまうのか、その原因をご存知ですか?

 

まず、「股関節の役割」からご紹介します。

 

 

【股関節の役割】

 

股関節は骨盤から出ている骨と、太ももの先端にある骨が組み合わさって機能しています。

歩くときや走るときに、これらが複雑な動きをしながら私たちの身体を支えてくれています。

歩き方が悪いことや悪い姿勢を続けてしまうことで、骨盤がゆがんだり、臀部まわりの筋肉が緊張して股関節痛を招くことがあります。

また、股関節の痛みを訴える方は男性に比べて女性の方が多いとされています。

 

【股関節に痛みが生じる原因】

 

股関節痛の原因には、生まれつきの場合やケガによるもの、他にもさまざまな要因が挙げられます。

具体的にどのような原因が考えられるのかご紹介します。

 

●変形性股関節

疾患が原因の股関節痛では、「変形性股関節症」が関係しているケースが多いと言われています。
歩行時や起立時に、脚の付け根に痛みを感じることが特徴で、女性に多くみられます。
進行すると常に痛みを感じたり、就寝中も痛くなったりする場合もあります。

 

●お尻の肉離れ

お尻の筋肉にある繊維が伸ばされる際に傷ついてしまったり、部分的に断裂してしまったりしたときに肉離れが起こります。
お尻の筋肉は大きなものであるため、これが要因となって股関節に痛みが生じていることもあります。

 

●婦人科系の病気の可能性

例えば子宮筋腫や卵巣腫瘍では、腫瘍などが骨盤付近の神経を圧迫したり、炎症を起こしたりすることで股関節痛につながるケースもあります。

 

日常的な股関節痛の対処法

股関節痛が続くと、日常生活において「爪切り」や「靴下を履く」といった動作が困難になるなどの影響を及ぼすこともあります。

股関節痛の最も多い原因として、「変形性股関節症」が挙げられます。

 

【変形性股関節症】

 

加齢などの要因によって膝の軟骨がすり減ると、関節の軟骨が変形したり、骨同士がこすれたりしてしまいます。

具体的な症状についてご紹介します。

 

●立ち上がる時に痛む

初期の段階では、動作の開始時に痛むことが多いです。
休息をとることで治まることが多いでしょう。

 

●歩行困難

末期まで進行することで、歩行困難が多く現れます。
膝を伸ばすことが難しくなり、休んでも痛みが取れないといった状況になりやすいです。

 

 

【日常生活でできる予防法】

 

日常生活に取り入れることができる、簡単な予防法をいくつかご紹介します。

痛みが強い場合はすぐに中止し、医療機関の判断を仰ぎましょう。

 

●減量

肥満の人は、足腰にかかる負担も大きくなってしまいます。
そのため減量することがすすめられています。
肥満ではない方も、急激な体重の増加には注意する必要があります。

 

●急に激しい運動をしない

運動を始める際は、無理のない範囲からスタートすることが予防に繋がります。
運動を行う際は事前にストレッチや準備体操を行い、骨や軟骨組織への負担を減らす意識を持つようにしましょう。

 

●関節周辺の筋肉をつける

無理のない適度な運動をすることは非常に重要です。

例えば、仰向けに寝転がり片脚を伸ばし、足首を10センチ程度上げる運動も予防法の1つとして期待できます。
また、段差のない場所をウォーキングすることも良いでしょう。

 

亀有整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節の痛みは背中や腰から来ている可能性が高いので、当院ではきちんとカウンセリングをして股関節の痛みの原因を探していきます。

股関節痛は骨盤のゆがみから来ることが多く、「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」で筋肉を緩め、「骨格矯正」で骨盤のゆがみや股関節の可動域をつけていき、骨盤の正しい位置への調整や股関節の筋肉にアプローチしていきます。

 

また、股関節痛で歩きが悪い場合もあり、ふくらはぎや足裏の筋肉が硬くなっている事が多いです。
その場合は「DPL」というリンパケアを行い改善していきます。

 

歩き方が悪いと腰への負担が大きくかかってしまうので、歩き方のチェックをさせていただき、歩き方の指導も行っています。

必要に応じて自宅で簡単にできるストレッチや体操もお伝えしています。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は通常の電気療法では届かない深部まで効果が期待できる施術です。
特に慢性的な肩こりといった昔からの悩みを解消することにも高い効果が目指せる、おすすめの施術です。
他にも、ぎっくり腰や寝違えといった症状にも効果が期待できます。一度の施術で効果が出る方もいらっしゃいます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

コリや筋肉の硬結部位に対して持続的にツボを刺激するテープを貼ることで、身体の良い状態を保てるようにする効果があります。症状に合わせて、磁石や突起物、異種金属(銅・アルミ)などでアプローチします。

 

■テーピング

痛み・こり・腫れの改善をし、筋肉の疲労を早く回復させ外傷を予防する効果があります。
テーピングの貼り方により「リンパ・浅筋膜・深筋膜・筋肉・関節」にアプローチすることで、機能の回復を目指します。

 

■骨格矯正

骨が正しい位置にないと、痛みが伴い左右差で身体のバランスが崩れ違いが生じ、最終的には痛みの再発にも繋がります。
骨を正しい位置に調整することで、痛みの除去と再発の防止を行います。身体の痛みにお悩みの方、おすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が硬くなり筋肉を覆っている筋膜が癒着してしまった筋膜の癒着をはがすように筋膜リリースを行っていきます。はがすことによって血液循環の改善をし筋肉の緊張を解消していきます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足の疲労物質が溜まっていることにより生じる「むくみ」「冷え性」「ツリ症状」「疲労感」などに効果が期待できます。
足のリンパケアをすることで、血行やリンパの流れを促進し痛みの緩和を促します。

 

■カッピング

カップ内を真空状態にし皮膚や皮下脂肪などを吸引することで、血液やリンパの流れを促進します。 体外から体内に向けて押して刺激を与えるのではなく、引いて刺激を与えることが特徴です。
コリや痛みの改善に期待ができる施術方法です。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀有整骨院
住所〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-21-8
最寄:亀有駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院 公式SNSアカウント 亀有整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀有整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中